So-net無料ブログ作成
検索選択

ひなまつりにぴったりのシフォンケーキ [シフォンケーキ コツ]

最近はひなまつりにケーキは必需品になってますね。
お店で特別なのを買うのもいいけど、おうちでもちょっとしたひと手間で十分かわいいひなまつりケーキが作ることができます♪
こちらはいちごシフォン、シフォンケーキの作り方こちら
20130227_220743.jpg
基本のシフォンケーキにイチゴパウダーピューレ、濃縮液など入れるだけで簡単にできます。
パウダーは他の粉と一緒にふるって加え、ピューレなど液体は卵黄の方に粉を入れる前に一緒に入れてしまいます!!

20130227_221029.jpg同じく桜シフォンも同じ作り方で、桜の葉を刻んで入れれば香りがよくなります♪
色が出にくい時は赤の色素を使うのも一つの方法です(^^)


参考なったらブログランキングの応援ぽち!お願いします。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

ひなまつりの思い出に残すかわいい写真

もうすぐひなまつりですね。
実はひなまつりってシャッターチャンスがたくさんありますよね(^^)

ひな人形はもちろん、ひなケーキスイーツ、あられやこんぺいとうなどわくわくするものがたくさんあります!!
その中で今回はキャンディーを撮ってみました20130222_194454.jpg
20130222_194510.jpg

ただ並べるだけでもちょっとかわいいお皿にのせるだけでも画面いっぱいに撮れば、簡単にポストカードのような写真が撮れるのでぜひ撮ってみてください[るんるん]

参考なったらブログランキングの応援ぽち!お願いします。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

ガトーショコラをおいしそうに撮ってみる [写真の撮り方 接写]

ガトーショコラは大きな丸い型だけでなく、天板に直接流して四角く焼いたり、
いろんな形の型で焼いたり、カップに流せばそのまま使えて便利ですよね(^^)
ホワイトデーにもぴったりです[黒ハート]
20130222_194328.jpg


作ったケーキは食べてしまえばなくなってしまうので、せっかくだから記念に写真を残したい!!そんな時誰でも料理本のような写真が撮れる方法…
20130222_194343.jpg

それは画面いっぱいに大きく撮る
それだけです。
簡単ですよね♪

ピントがなかなか合わないとき、少しカメラを離し、ズーム機能でズームして撮ってみてください。
きっと背景がぼけやすくなり、よりすてきな写真になりますよ[手(チョキ)]

参考なったらブログランキングの応援ぽち!お願いします。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

ホワイトデーにも使えるガトーショコラの失敗しないコツ [ガトーショコラ コツ]

バレンタイン会えずにまだ渡せていない人、これからホワイトデーでお返しに使う人。
ガトーショコラは仕上げがいらないのでお菓子作り初心者でも安心です!!

チョコの溶かし方を参考にチョコとバターを湯煎で溶かし、40℃に保ちます(温度が低いまま合わせるとかたまってうまく混ざりません)

②卵黄に砂糖を入れ、白くもったりするまでしっかり立てます(砂糖を入れて放置するとダマになるので素早く混ぜること)

③卵白に砂糖を3、4回に分けて加え、すっと角がたつまで立て、メレンゲを作る(ぼこぼこになってしまったらたて過ぎです。砂糖を最初に加えると立ちにくくなります。)

④①と②を素早く混ぜ合わせます

⑤④に卵白ひとすくいとふるった粉をいれてゴムベラで'の'の字を書く様にさっくり混ぜる(練ると膨らまないので混ぜすぎないこと)

⑥残りのメレンゲを加えて全体が混ざれば完成です

⑦焼き上がりは表面がふっくらあがってしっかりやけてさらっとし、爪楊枝でさして何もついてこなければ大丈夫です
20130222_194437.jpg



参考なったらブログランキングの応援ぽち!お願いします。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

シンプルな食べものは動きをつけて撮ってみる

シンプルなものをそのまま撮るとなんとなくぱっとしないことありますよね?!
20130218_221410.jpg

20130218_221610.jpg
そんな時はすこしだけ動きをつけてみると素材の感じが伝わっておいしそうに写りますよ[るんるん]
よくあるスパゲティーフォークですくって持ち上がっているあれです(^^)

参考なったらブログランキングの応援ぽち!お願いします。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

ホワイトデーお返し チョコレート

ホワイトデーのお返し、今からどうしようと考えてる人、
バレンタインチョコをあげてお返し何かなぁと期待してる人も多いと思います。

私はやっぱりあげるときって自分がおいしそうだな、食べたいなと感じるものをあげると思います。

…ってことはやっぱりチョコレート!!自分へのご褒美チョコを買う人がいるくらいですから!!
普段自分では買えないちょっとだけリッチなチョコレート。

手作りのときは生チョコトリュフ、ガトーショコラ、ブラウニーなどシンプルな方が美味しく簡単に作れたりするのでおすすめです[るんるん]

あえて自分ではやらない人のためにお取り寄せもいいですね♪
北海道物産展で人気のわらく堂のケーキ♪北海道小麦使用のチョコレートスポンジに北海道産乳製...


参考なったらブログランキングの応援ぽち!お願いします。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

ホワイトデーお返しの意味

ホワイトデーのお返しの定番と言えばクッキーマシュマロ
でもそれぞれ意味があるって知ってました?!

マシュマロは溶けてなくなってしまうので「あなたが嫌いです」
クッキーはさくっとドライな関係「このまま友達でいましょう」
キャンディーは長続きするので「あなたが好きです」

いろいろな説があるとも言われていますがある一説ではこんな意味があるそうです。

20130216_211010.jpg

どんなお返しでも数年経てばどれもいい思いで[ぴかぴか(新しい)]
シーン設定→セピアモードにすると何でもないキャンディもすてきな写真になりますよ[るんるん]




参考なったらブログランキングの応援ぽち!お願いします。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

たくさんお菓子を一緒にカメラに収める方法

同じ種類のものが数個ある時、たくさんのものをフレームに収めたい時、たて構図がいいです[手(チョキ)]デジカメと違い、スマホはもともとたてなので使いやすい方法かもしれません。

20130214_200501.jpg
これはフォーカス設定→接写固定モード撮影しました。
接写固定にすると必ず近くにあるものにピントが合う様になります。

後ろの方がぼけてたくさんものが写ってても邪魔にならなく、プロっぽい上手な写真が撮れます[るんるん]


参考なったらブログランキングの応援ぽち!お願いします。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

ブラウニーを失敗しないためののコツ [ブラウニー コツ]

ブラウニーはガトーショコラよりも簡単でプレゼントにも使いやすく、丸い型で焼けばチョコレートケーキの様にも使えてとても便利なお菓子です♡

20130214_194713.jpg

チョコの溶かし方を参考にチョコとバターを同じボウルで溶かします。湯煎を使い、40℃くらいに保つ(他の材料が冷えていると固まってしまうので常温にしておくこと)

②卵を軽くほぐし、砂糖をすり混ぜる。(空気が入らない様に混ぜること。空気が入ると気泡の穴ができやすくなります)

③チョコの中に卵を少しずつ入れて静かに混ぜ、乳化させる(一度に入れると分離の原因になります)

④粉類は細かい網でふるっておき粉玉をなくす。チョコのボウルに入れて、ゴムベラで’の’の字を書く様にさっくりと混ぜる。練らないこと。途中と最後に必ず側面と底からきれいにすくい上げまぜむらがないようにします(手伝ってくれる人がいるときは粉を入れてもらいながら混ぜるとより均一に混ざります。)

⑤お好みでナッツを入れたり、好きな形の型で焼けばいろんなバリエーションで作れます。ただ、分厚すぎると焼き時間がとてもかかるので高さ2〜3センチくらいがいいと思います

⑥焼くときは必ず途中で向きを変えて均等に火が入る様にしましょう
 焼き上がりは表面が割れ目まで焼け、爪楊枝をさしてみて生地がくっついてこなければ大丈夫です。









参考なったらブログランキングの応援ぽち!お願いします。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

チョコクッキー(アイスボックス)の失敗しないコツ [クッキー コツ]

クッキーにはいくつもの種類があり、冷蔵庫で冷やし固めて作るタイプのクッキーをアイスボックスクッキーと言います。
この作り方は数をたくさん作りたい時や手作り感より完成度を求める人におすすめの作り方です!!

20130212_124249.jpg
①バターは必ず常温にしておく(急いでいるときはレンジを使ってもできますが、必ず1センチくらいにスライスし、均等な厚さで5秒おきくらいに向きをかえて均等に熱が伝わる様にします。溶けてしまったら終わりなので慎重にやりましょう。)
まずホイッパーでバターだけでよく混ぜ、クリーム状にします。

②砂糖は粉砂糖だとほろっとした食感。グラニュー糖だとさくっとした食感になるので好みで使い分けてください。砂糖はよくすりまぜる。(ボウルの底をなぞるように)

③卵も常温にしておかないと分離しやすくなります。(冷たいとバターがかたまるので)
少しずつ(3、4回)加え、混ぜていく。一度に加えると分離してしまいます。

④粉類は必ずふるっておきます。(ふるわないと粉玉が残ってしまいます)生地に加えたらゴムベラでさっくりまぜ、粉気がなくなったらすぐに混ぜるのをやめます。(混ぜすぎるとかたいクッキーになります)

⑤一度冷蔵庫で1、2時間休ませます。(成形しやすいかたさになるまで)冷えたら台の上に取り出し、打ち粉(あれば強力粉)を薄くし、棒状に丸めます。(手のひらをまっすぐではなくハの字にしより広い範囲に力が加わる様にします。)時々両端にカードなど、平らなものをあてて必要以上に細くならない様にします。
※もし細くなりすぎた時は同じ様に転がしながら内側に力を入れていけばもとに戻ります。

⑥包丁で切れるかたさまで冷蔵庫でしっかりと冷やし、カットしてやけば完成です。すぐに焼かないときは切る前の段階で冷凍庫に入れていけば1ヶ月は保存できます。

チョコチップやナッツなど入れるとバリエーションが広がります[手(チョキ)]



参考なったらブログランキングの応援ぽち!お願いします。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。