So-net無料ブログ作成
検索選択

こどもの日に作る鯉のぼりケーキ クリームのキレイな塗り方 [こどもの日 ケーキ]

せっかく作るんだから仕上げもびしっときれいに完成させたいですよね[ぴかぴか(新しい)]味は見た目でまずくもなればおいしくもなりますから、仕上げは重要ですよー!!(^^)

生クリームとフルーツをサンドしたら、こんな感じで下塗りをします。
20130408_190902.jpg
こうするとあとからスポンジのカスがぽろぽろ出てこないので楽に塗れます。

生クリームはかため、角がピンと立つくらいです。20130408_190630.jpg

次はいよいよ本塗りです。
生クリームのかたさはこれくらい
20130408_190545.jpg
ホイッパーですくってひっかかるけどゆっくりぽたっと落ちるくらいです。

まず、上面を一度ぬり、次に側面をぬります。
20130408_190928.jpg
この時側面のすべてが少し飛び出すように塗るのがポイントです。

この飛び出した部分をパレットナイフで削ぎ取っていきます。20130408_190945.jpg
削ぎすぎて上面が透けないように注意してくださいね!



模様をつけて完成です。
20130408_191034.jpg
20130408_191059.jpg

参考なったらブログランキングの応援ぽち!お願いします。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

こどもの日に作る鯉のぼりケーキ [こどもの日 ケーキ]

もうすぐこどもの日ですね♪
おうちで簡単にできる鯉のぼりケーキを紹介します。

スポンジは自分で焼いてもいいし、スーパーで買ってきてもできますよー(^-^)
スポンジの失敗しないコツはこちらー(^^)

こんな形に切ります。
20130408_190733.jpg

生クリームをサンドしていきます。
生クリームの固さはこれくらい。ピンと角がたち、先がお辞儀しないくらい。
20130408_190630.jpg

生クリームをぬり、お好みのフルーツを挟みます。(水分はキッチンペーパーなどでしっかりとること)
20130408_190810.jpg20130408_190834.jpg

まわりに生クリームを塗っていきます。
20130408_211702.jpg

詳しい生クリームの塗り方は次回の記事で紹介します[るんるん]

目の部分はチョコレートですが、マーブルチョコやチョコペンで書いたり、お好きなもので代用してください♪






参考なったらブログランキングの応援ぽち!お願いします。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

生クリームの扱い方 きれいなケーキを仕上げるには

バースデーケーキ、こどもの日、クリスマス、どんな時でも生クリームのケーキは大活躍しますよね♪

そんなとき、活かせる生クリームのきれいな状態、扱い方を紹介します。

まず始める前に必ず、氷水につけます
夏場は特に冷やさないとすぐにバサバサで、見た目も舌触りも悪くなってしまいます。
20130408_190708.jpg

この時注意することは水が絶対に入らないようにすること。
入ってしまうとまたばさばさになってしまいます。

次にサンドする時はかためにたてます。
ホイッパーで持ち上げるとピンと立ち、おじぎしないかたさです。20130408_190630.jpg

そして、一度、薄く下塗りをします。
そうすることで表面にスポンジのぽろぽろしたものが出にくくなり、キレイ仕上がります。

最後に表面を仕上げます。
かたさは見た目少しつやが残り、ホイッパーで持ち上げるとゆっくりぽたっと落ちるくらい。
20130408_190545.jpg

これを活かしてこんなケーキができますよ[るんるん]

参考なったらブログランキングの応援ぽち!お願いします。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

とろとろカスタードクリームをおいしそうに撮る [写真撮り方]

今日はふわとろカスタードクリームをスマホでおいしそうに撮ってみました。

ポイント色合い(ホワイトバランス)とクリームの見せ方です。

まずはこちら
20130408_213509.jpg
これは電球の下でホワイトバランスを電球モードにして撮ったのでやや青白くなってしまいました。

続いてはこちら
20130408_215040.jpg
せっかく中身を見せるために割りましたがクリームが少なくみえてしまっています。

そんな時は20130408_213434.jpg
ホワイトバランス→蛍光灯にしてフォーカス設定を接写AFにします。

少しクリームを押し出してあげるとよりおいしそうになりますよ♪



参考なったらブログランキングの応援ぽち!お願いします。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

カスタードクリームの失敗しないコツ [カスタードクリーム コツ]

カスタードクリームシュークリームはもちろん、ただスポンジ生クリームと一緒に食べるだけでおうちで作るお菓子が一段とおいしく、ぐっとレベルアップした気がしますよね[グッド(上向き矢印)]


①鍋で牛乳と分量の半分の砂糖とバニラを入れて沸かします。(砂糖を入れることで牛乳のタンパク質が薄まり、焦げにくくなります。)

が、やはり1分おきくらいに混ぜないと白い膜ができてしまいます。

②沸かす間に卵黄に砂糖を入れてしっかりすり混ぜます。

(※これをしっかりしないと卵の風味は残りますが火が通りやすくなり、こげやすいです。逆に少し白っぽくなるまでしっかり混ぜると空気が含まれ火のあたりが弱くなり、こげにくくなります。)

③ふるった粉類を卵黄に入れ、すぐに混ぜます。粉気がなくなれば大丈夫です。(混ぜすぎるとかたくなってしまいます)

④沸騰した牛乳を半分、卵黄のボウルに入れ、中心から静かに混ぜ合わせ、残りも入れて混ぜます。
→網でこしながら鍋に戻します。(この作業は手早くしないと熱でどんどん濃度がついていき、こせなくなってしまいます)

⑤火にかけながらひたすら混ぜ続けます。こげないように常に手を動かし隅々まで混ぜます。
一度どろっとかたくなり、それを通り越すと再びすっとゆるくなります。

それが炊きあがりの目安です。

1㎝角にしたバターを加えて溶かし、全体が混ざったらバッドのあけ、菌を防ぐため密着ラップをし、氷で冷やしなるべく早く冷やします。


あとはそのままボウルにとりよく混ぜてこしをきればとろっとなりますし、お好みで生クリームと合わせても使えます。(生クリームはしっかり角が立つ8分だてにして混ぜ合わせましょう)



バニラビーンズは少々高めですがバニラオイルやエッセンスの方が多少安く手に入ると思います[手(チョキ)]


参考なったらブログランキングの応援ぽち!お願いします。
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。