So-net無料ブログ作成
生チョコ コツ ブログトップ

生チョコ失敗しないためのコツ [生チョコ コツ]

生チョコの失敗しないためのコツ

1、チョコは細かく刻んでおくと溶かす手間がありません。 
   (溶かす場合でも刻んでおくとより早く均等に溶けます。湯煎の場合は沸騰したお湯で、必ず火を止めてからチョコをのせること。レンジの場合は一部溶けたら全体をまぜ、また少し溶かしてまぜる作業を繰り返すと焦がさずにきれいに溶けます。)

※35℃以上50℃以下に保つ(低いと固まり、高いと焦げます。)

2、生クリーム、牛乳は沸騰させすぎないこと。縁がふつふつ沸いてきたらok。
  (温度を上げすぎると固まらない原因になります。)

3、混ぜ合わせる時は空気を入れないように混ぜる。
   (空気が入ると白っぽくつやがなくなり、舌触りが悪くなります。)

4、一度分離してからきれいに混ぜるとよりつやがでてなめらかになります。

5、バターは40℃以下になってから入れること。(温度が高いと油が出て、分離の原因になります。)

参考なったらブログランキングの応援ぽち!お願いします。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
生チョコ コツ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。